腸脛靭帯炎について



腸脛靭帯炎は腸脛靭帯と大腿骨との間で過度の摩擦が原因となって起こる疾患です。 症状としては、 1.膝関節外側の圧痛や腫脹 2.階段を降りる時の痛み 3.ランニング時に足が地面に接地し、体重が負荷された時の痛み などがあります。 また熱感や腫れを伴うこともあります。 発生要因として、O脚、膝の捻れが起こる・または脚が床に接地している際に体が横に傾くランニングフォームが挙げられます。 これらは腸脛靭帯の緊張が増加するため、この障害を引き起こしやすくなります。 治療 ・膝関節周囲の筋機能改善 腸脛靭帯の疼痛の原因は大腿骨との摩擦であるため、摩擦増大の直接的な原因である腸脛靭帯の柔軟性の改善が必要となってきます。 また腸脛靭帯は大腿筋膜張筋と大臀筋という筋とつながっているため、これらの筋の緊張除去またストレッチングが必要となります。 また腸脛靭帯の硬さの原因として、お尻の筋肉(中殿筋)や膝の前面の筋肉(内側広筋)の筋力低下があるため、これらの筋力アップも必要です。 これらの行程の後、動作チェックをしていきます。 股関節の動き、足関節の硬さ、身体の軸の作り方など実際の動作を見ながら1つ改善点を見つけ正しい身体の使い方を身につけて頂きます。 腸脛靭帯炎にオススメの治療 「筋骨格整体」 背骨や骨盤矯正と運動療法を組み合わせたコースになります。 全身のバランスを整えるのでオススメです。 「超音波治療、鍼治療」 急性期の炎症を軽減させる治療法になります。

Copyright © プロアスリート鍼灸整骨院 All rights reserved.