腱鞘炎とは


手首の腱鞘炎による痛みが多い部位は、親指の付け根や手首付近です。

クラブやラケットを強く握りすぎていたり、肩甲骨の可動域が悪い状態でスイングを繰り返すと、手首や腕に負担がかかります。また、スイングの軸が安定しなかったり、必要以上に力が入ったまま運動を行うことにより、その衝撃はストレートに手首に伝わります。ゴルフによる手首の怪我は、一度の衝撃で痛めるよりも、繰り返しの負担によって徐々に症状が本格化する慢性的な痛みの方が多いです。そうなるとクラブを振ることができず、日常生活や仕事にも支障が出ることも少なくありません。




・ドゥケルバン病

手首を小指側に曲げる動きで親指側の手首に痛みがある場合は、腱の炎症が起きている可能性があります。握りが強すぎたり、腕に力が入ってスイングをすると手首に負担がかかります。


・TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)

手首を小指側に曲げる動きで小指側の手首に痛みがある場合は、手首の軟骨を損傷している「TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)」の可能性があります。

グリップの握りが強い状態で、手首を小指側に伸ばしたままひねることで、ストレスがかかります。


・ばね指

指を曲げた後にまっすぐ伸ばそうとすると何かに引っかかった感覚を感じ、無理に伸ばそうとするとバネの反発のように不自然な動きをします。オーバーワークにより腱と腱が通る腱鞘のあいだの摩擦による炎症です。朝に症状が強く現れるのが特徴で、朝起きて指が突っ張るような感覚を感じることが多いです。


腱鞘炎にオススメの治療

「筋骨格整体」

まずは硬くなっている筋肉の緊張を緩めていきます。

患部以外にも腕、肩甲骨、首等の状態も見ていき患部に負担の掛かる原因となる所を施術します。


「ルート治療」

炎症を早急に軽減させるのに最適です。

痛みの原因となる筋肉、周りの疲労している筋肉へ、指で届かない深部へのアプローチを行い炎症を早期に軽減させます。痛みの影響からの可動域制限や柔軟性の低下へもアプローチします。