腰椎分離症について



    原因 多くは体が柔らかい中学生頃に、ジャンプや腰の回旋を行うことで腰椎の後方部分に亀裂が入って起こります。 「ケガ」のように1回で起こるわけではなく、スポーツの練習などで繰り返して腰椎をそらしたり回したりすることで起こります。 オーバーユースで起こる事が多いですが、間違った身体の使い方により、体に負荷がかかり症状が出るケースもよくあります。 スポーツ動作での体の使い方を変えていく必要もあります。 一般の人では5%程度に分離症の人がいますが、スポーツ選手では30〜40%の人が分離症になっています。 予防と治療 腰痛や神経根圧迫によるお尻や下肢の痛みで支障が生じている場合はまず、神経根圧迫部分の筋緊張を緩和し痛みを軽減させないといけません。 それには痛みを出している患部だけではなく股関節、肩甲骨、足関節それぞれの関節運動が正常になるよう手技、運動療法、エクササイズなどを用いて 正しい身体のバランスに戻す必要があります。 柔軟性と体の使い方(筋肉の再教育)が痛みを取ってからやるっていかなければ、再発の可能性は高いです。 腰痛分離症にオススメの治療 「筋骨格整体」 背骨や骨盤矯正と運動療法を組み合わせたコースになります。 全身のバランスを整えるのでオススメです。 「鍼灸治療」 指では届かない深部への筋肉にアプローチすることができます。 深層筋に刺激が入ることでさらに関節の動きが良くなります。

    Copyright © プロアスリート鍼灸整骨院 All rights reserved.