腰椎椎間板ヘルニアとは


腰の痛・足のしびれ・筋力低下がある場合ヘルニアが疑われます。ヘルニアは、背骨の骨と骨の間にある椎間板が本来あるべき場所から飛び出すことで、神経が圧迫され痛み等の症状が引き起こされます。

姿勢の悪さや、腰への負担が大きいスポーツで多く起こります。スポーツでは接触プレーや高いところからの転落など外傷により発生し、種目別では柔道、ラグビーなどに多くみられます。

スポーツ中は通常よりも腰に負担の掛かる動作が多く、一般の方よりも若い年齢でヘルニアになる可能性が高くなります。軽い症状でも放っておくと坐骨神経痛になり、神経を介して、おしりから足先にかけて痺れがでたり、さらに進行すると歩行障害、排尿障害を起こす可能性も考えられます。


腰椎椎間板ヘルニアにオススメの治療

「筋骨格整体」

まずは痛みや痺れを発生させている原因となる筋肉の緊張を緩めていきます。

患部以外にも背中、股関節、下肢の状態も見ていき患部に負担の掛かる原因となる所を施術します。


「ルート治療」

炎症を早急に軽減させるのに最適です。

痛みの原因となる筋肉、周りの疲労している筋肉へ、指で届かない深部へのアプローチを行い炎症を早期に軽減させます。痛みの影響からの可動域制限や柔軟性の低下へもアプローチします。