腰椎すべり症とは


歩くと足にしびれる、痛みが出ると休む(しゃがむ・座るなど)ことにより再び歩けるようになる間欠跛行が代表的な症状です。似たような症状を起こす疾患に脊柱管狭窄症があり、こちらも好発します。その他下肢のしびれや麻痺、尿の出が悪くなるなどの症状があります。


腰椎すべり症とは、腰の部分で背骨を繋ぐ骨(腰椎)が正常な位置からずれた状態をいいますが、骨がずれる(すべる)ことにより脊柱管という神経の集まる場所が狭くなり圧迫されることで、さまざまな症状が現れます。

腰椎は腰を前に屈めたり後ろに反らしたりする動きには有利ですが、腰を回す動きを制限するような形をしています。

腰を反らして回すような動きの多いゴルフや野球のバッティングでは椎間関節に大きな負担がかかります。


腰椎すべり症にオススメの治療

「筋骨格整体」

まずは硬くなっている筋肉の緊張を緩めていきます。

患部以外にも背中、股関節、下肢の状態も見ていき患部に負担の掛かる原因となる所を施術します。


「ルート治療」

炎症を早急に軽減させるのに最適です。

痛みの原因となる筋肉、周りの疲労している筋肉へ、指で届かない深部へのアプローチを行い炎症を早期に軽減させます。痛みの影響からの可動域制限や柔軟性の低下へもアプローチします。