成長痛・オスグッドシュラッター病とは


成長痛とは、骨が筋肉を引っ張ることで痛みが発生します。

骨端軟骨(骨が成長するところ)が短期間で成長する際に、腱や筋肉が引っ張られる症状のことです。

夜間の痛みが特徴ですが、数日間で骨の成長に筋肉の成長が追いつくので、それに伴って痛みもなくなります。長期に渡り痛みが続くことはほとんどありません。


オスグッドシュラッター病と混同することができるりますが、オスグッド病では筋肉が骨を引っ張ることで痛みが発生します。


成長痛にオススメの治療

「筋骨格整体」

周辺の硬くなっている筋肉の緊張を緩め血行を促していきます。負担となってきる動きを改善し、再発を防ぎます。