内側上顆炎(テニス肘)


内側上顆炎とは、テニス肘の別称でよく知られている肘の炎症です

症状としては、

・肘を曲げ伸ばしをすると、肘の内側に痛みが出る

・肘の内側が腫れている熱感がある

・重たい物を持ち上げた際に肘の内側が痛みが出る

・ボールを投げる時、腕がしなるタイミングで痛みが出る

・ゴルフのスウィングで痛みが出る

等で痛みが発生することが多いです。


・筋肉の柔軟性が少ない方

・オーバーワークでの筋肉の疲労

・ウォーミングアップ・クールダウン不足の方

に発症することが多く、肘の内側に炎症が起こり痛みが出る疾患です。野球・ゴルフ・テニスを行っている方に多い疾患で、オーバーユース(使いすぎ)により少しずつ痛みが発生します。

放っておくと、骨折やペットボトルを開けると痛みが出るなど日常生活にも支障が出てくる可能性があります。


テニス肘にオススメの治療

「筋骨格整体」

まずは硬くなっている筋肉の緊張を緩めていきます。

患部以外にも肩や背中、股関節の状態も見ていき肘に負担の掛かる原因となる所を施術します。


「ルート治療」

炎症を早急に軽減させるのに最適です。

痛みの原因となる筋肉、周りの疲労している筋肉へ、指で届かない深部へのアプローチを行い炎症を早期に軽減させます。痛みの影響からの可動域制限や柔軟性の低下へもアプローチします。