ジャンパー膝とは


ジャンパー膝は、膝蓋腱炎、膝蓋靭帯炎などと呼ばれます。太もも前の筋肉(大腿四頭筋)をはじめとする筋肉によって、お皿の下が繰り返し引っ張られることによる組織の小さい損傷の繰り返しが重なり痛みが出ると考えられています。

主な症状は、膝のお皿の下の痛み、運動中、運動後の膝のお皿の下の痛み、中には腫れを伴うものもあります。


発症しやすいスポーツは、バレーボールのようなジャンプ系スポーツ、急激なストップ、方向転換を行うサッカー、バスケットボールなどのスポーツに多いです。最初は運動後の痛みが多いですが、早期治療を行わないと痛みによって運動が困難になり、日常でも痛みを伴ってきます。


ジャンパー膝にオススメの治療

「筋骨格整体」

痛みの原因となる筋肉の緊張を和らげ関節との連動性を出し、運動療法を組み合わせ股関節周りの柔軟性や筋力の強化をして行くコースとなります。


「ルート治療」

指では届かない深部への筋肉にアプローチすることができます。炎症を早期に抑え、深層筋に刺激が入ることでさらに関節の動きが良くなります