シンスプリントについて

原因 運動によるオーバーユースの繰り返しのランニングやジャンプを過度に行った場合に発症しやすい障害です。過度の運動量、運動時間、運動内容、日数またはホームの変更、硬いごめん、薄く硬いシューズ、歌詞の携帯以上(O脚、街内足、偏平足など)、硬い三頭筋の柔軟性低下、股関節足関節の柔軟性低下可動域制限等が発生の誘因となります。 病態は下腿内側筋群の疲労による柔軟性低下、特にひらめ筋を主として後脛骨筋、長趾屈筋付着部が脛骨の表面を覆う骨膜を牽引して微細損傷をきたし、下腿内側の痛みを発生させるものと考えられます。 治療 まず検査等で患部に痛みを出させる原因を見つけていきます。原因は患部にない事が多いです。 特定した原因の筋肉に対して手技と運動療法をミックスさせた施術で痛み軽減させていきます。 正しい身体の動き、特に股関節の柔軟性を戻すためエクササイズやストレッチなど用いて神経に働きかけ筋肉、関節に動きを出していき再教育していきます。 シンスプリントにオススメの治療 「筋骨格整体」 背骨や骨盤矯正と運動療法を組み合わせたコースになります。 全身のバランスを整えるのでオススメです。 「鍼灸治療」 指で届かない深部へのアプローチと内臓調整を組み合わせた施術です。 身体の疲れと一緒に体調も整えるオススメの治療です。

Copyright © プロアスリート鍼灸整骨院 All rights reserved.