オスグッドシュラッター病とは


10〜15歳の成長期の子供がスポーツなどで筋肉を過緊張させてしまうことで発生します。

大腿四頭筋の力は膝蓋骨を経由して膝を伸展させる力として働きます。

膝を伸ばす力の繰り返しにより、大腿四頭筋が膝蓋骨腱付着部を介して脛骨結節を牽引するために、脛骨結節の成長線に過剰な負荷がかかり成長軟骨部が剥離することで生じます。

それに伴い筋肉の伸張性も無くなってしまっていることも原因です。


オススメ

「筋骨格整体」

筋肉の緊張を緩和し関節の動きを出し、運動療法を組み合わせたコースとなります。

患部以外にも股関節や足関節の硬さも症状悪化の原因になってきますので、しっかり施術していきます。