インピンジメント

肩関節障

害の中で代表的な疾患としてインピンジメント症候群というものがあります。


耳にすることが少ないかもしれませんが、原因不明の肩の痛みに悩まされている方の中にもこの疾患の方が多くいらっしゃいます。


早期に競技復帰するためにはインピンジメント症候群とはどのようなメカニズムで起こるかを理解し、正しい治療と再発予防のトレーニングやセルフケアが大きな鍵となります。


我々は「プロアスリートに提供するクォリティーを一般の方に」というコンセプトを胸に、〝プロの選手が受ける技術〟をスポーツ愛好家から地域スポーツをされているお子様、運動不足のサラリーマンの方から健康あり続けたい年配の方まで、幅広い層の方々に提供することにこだわります。


インピンジメント症候群とは?

インピンジメントとは“衝突”という意味を持っており、インピンジメント症候群は関節が“衝突”をおこし痛みとして出てきます。


インピンジメント症候群は疼痛抑制だけでは改善しないことが多く、肩甲胸郭関節・体幹・股関節の機能障害を見つけアプローチしていかないと改善しないケースが多くみられます。

*

なぜインピンジメントを起こすのか?

上腕を外転する課程で、上腕骨と肩峰の間に腱板の一部や肩峰下滑液包などが挟み込まれ、繰り返し刺激が加わると滑液包に浮腫や出血が起こります。安静にするとこの変化は正常に戻り症状は軽快しますが、動作の反復によっては症状の再燃を繰り返して慢性化します。


特に野球などのオーバーハンドスポーツをされている方に多く見られ進行すれば、時に腱板の部分断裂となったり、肩峰下に骨の棘ができたりして痛みがなかなかとれなくなることもあります。


インピンジメント症候群には、肩峰と棘上筋間で肩峰下包が挟まれるエクスターナルインピンジメントと、棘上筋の関節包面が後上方関節唇と衝突するインターナルインピンジメントの2種類の症状があります。


両方とも肩甲上腕リズム(肩甲骨と上腕骨の動き)の異常が原因となっているケースが多いです。


特にインターナルインピンジメントはSLAP(関節唇損傷)という症状になることもあります。


インピンジメント症候群の症状は?

・腕を肩の高さより上で使用したときの運動痛


・腕を上げていくときの引っかかり感


・筋力低下


・夜間痛


骨形態の個人差として肩峰がもともと下方に突出している場合や加齢変化として肩峰下に骨棘ができた場合のほか、野球の投球動作など腕をよく使うスポーツ選手にも発症します。


当院オススメ治療

「筋骨格整体」

筋肉を緩めていくだけではなく、関節の動きも同時に出していきますので、もとの正しい身体の使い方を導いていく治療法です。

動作指導していきますので、再発予防にも繋がります。